グレーゾーンなわたしたち

【ADHD夫を支える妻】はっさくのブログ。発達障害、HSP、メンタルトレーニング、教育に関するあれこれを発信中!

ADHDの集中力を飛躍的に高める方法【前編】~人が集中するときの脳

こんにちは。【ADHD夫を支える妻】はっさくです。

今日から2回に分けて、【ADHDの集中力を飛躍的に高める方法】をテーマにお伝えします。

前編の今日は、「人が集中しているときの脳の働き」について解説します。

↓ADHDと集中力の詳しいお話は後編で(^^)/↓

ADHDの集中力を飛躍的に高める方法【後編】~ヒントは「あの時代」の習慣?! - グレーゾーンなわたしたち


脳の報酬系と集中力の関係

私たちが物事に集中しているとき、はどのように働いているのでしょうか。

脳の中には「報酬系」と呼ばれるところがあります。

報酬系は、美味しいものを食べたり、人と話したり、褒められたりしたときに快感を与えてくれるところです。

この報酬系は、集中力と深い関係があります。

 

ドーパミンが集中力を司る

報酬系の中枢に「側坐核」と呼ばれるところがあります。

人が心地のよい刺激を受けると、側坐核から脳内の神経伝達物質であるドーパミンがたくさん分泌されます。

すると、とてもポジティブな気持ちになり、その行為を「もっと続けたい」と感じるようになります。

脳がその行為を「生きるために必要」と判断すると、ドーパミンをたくさん分泌することで気持ちよくさせて、私たちをその行為に駆り立てる。

f:id:gray-zone-family:20210219142343j:plain

これが集中力のメカニズムです。

 

ドーパミンの前頭葉への影響

ドーパミンは報酬系だけでなく、前頭葉にも影響を与えます。

前頭葉もまた、人の集中力をつかさどる重要なところです。

ドーパミンによって前頭葉の働きがよくなると、脳内の膨大な情報を整理し、雑音を遮断し、目の前の物事に集中できるようになります。

 

まとめ

今日は、「人が集中するときの脳の働き」についてお話ししました。

快感を感じる脳の報酬系は、集中力との関係が深いといわれています。

①脳がその行為を「生きるために必要」と判断する

②報酬系からドーパミンがたくさん出る!

③気持ちいい!もっとしたい!と思う

④ドーパミンで前頭葉の働きも活発になる

⇒行為に集中することができる!

f:id:gray-zone-family:20201114213704j:plain
はっさく

これが集中力のメカニズムだよ!

しかし!

ADHDの人の報酬系のシステムはちょっと特殊で・・・

なかなか一筋縄ではいかず、生きづらさを感じる人が多いのです。

後編では、ADHDの人が集中できない理由と、すぐにできる対象法を紹介します!

(^^)/

<参考>アンダース・ハンセン「一流の頭脳」2018、サンマーク出版(P105-P121)。

 ↓後編はこちら↓

gray-zone-family.hatenablog.com

 

 ↓ブログ村参加中↓ポチッと応援してね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ