グレーゾーンなわたしたち

【ADHD夫を支える妻】はっさくのブログ。発達障害、HSP、メンタルトレーニング、教育に関するあれこれを発信中!

【ADHD】夫の私服、魔の2着ヘビーローテーションから脱却せよ!

こんにちは。【ADHD夫を支える妻】はっさくです。

今日は、夫のバエない(?)ファッション事情について。

夫が服装に無頓着なる原因と、その対策について考えました。

 

◆夫の私服はテキトーすぎる

夫の私服はテキトーすぎることで有名です。

・・・平日はスーツなので何とか保っています。

夫の私服には、ある特徴があります。

それは・・・

f:id:gray-zone-family:20210121110723j:plain

夏の定番スタイル☆

f:id:gray-zone-family:20210121110807j:plain

冬の定番スタイル☆

お気づきですか?

季節ごとに、魔の2着ヘビーローテーション!

いや〜、実にバエない。゜(゜´▽`゜)゜。

まるで漫画の主人公みたいな、いつ見ても安定、お決まりのファッション!

どれもヘビーユーズしているため、ヨレヨレでみすぼらしいです・・・

 

◆妻は服をプレゼントした!が・・・

 これを見かねた妻は、夫に冬服をプレゼントしました。

これで魔の2着ローテから解放されると思いきや・・・

また新たな2着ローテを生んだだけでした・・・(°°;)

今までの2着に新しいの2着を加えて、4着ローテということにはならないようです。


◆魔の2着ヘビーローテーションを生む原因

夫はたくさんの服を持っていても、結局その一部だけしか着なくなります。

魔の2着ローテを生む原因は、以下にあります。

①強いこだわり

意外なことですが、夫はおしゃれそのものに無頓着な人ではありません。強烈なこだわりから理想が高くなりすぎて、予算と労力が追いつかず、逆に投げやりになってしまうという感じ(白黒思考よ!)。たくさんあっても結局気に入った服しか着なくなるのも、こうしたこだわりからくるのかもしれません。

②服を考える&クローゼットから探すのがストレス

毎日服をコーディネートすること、またその服がクローゼットのどこにあるのかを探すことは、夫にとってはかなり負担なようです。夫は、ADHD特性からか探し物がとても苦手。その結果クローゼットの一部の服しか着なくなり、着ない服は景色になります。

f:id:gray-zone-family:20210121113258j:plain

↑探し物をしているときの夫はこんな感じ

【ADHD】探し物が見つからないADHDの5つの行動パターン - グレーゾーンなわたしたち

④「人からどう見られるか」があまり気にならない

こだわりが強い夫ですが、人からどう見られるかはあまり気にしていないようです。ただ、「服装がみすぼらしいと社会的にダメらしい」ということは、最近ようやく認識するようになりました。

 

◆対策:「私服の完全なる制服化計画」

最近夫が考えた対策。

その名も「私服の完全なる制服化計画」!!!

平日のスーツのように、来年度から私服も「完全なる制服化」を目指すとのことです。

季節ごとにお気に入りのデザインだけ全身コーディネートして複数着そろえ、本格的にローテーションできるようにする。

これによって

①クローゼットの見通しがよくなる

②服を決める&探すストレスを減らせる

いいですね!

2着ローテ癖(?)を逆手に取った良案だと思います。

オシャレにはならないかもだけど、ヨレヨレ2着ローテのみすぼらしさからは脱却できそうです☆

(^^)/

 ↓ブログ村参加中↓ポチッと応援してね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ