グレーゾーンなわたしたち

【ADHD夫を支える妻】はっさくのブログ。発達障害、HSP、メンタルトレーニング、教育に関するあれこれを発信中!

【私と愛着④】幼い息子に突きつけられるもの

 こんにちは。【ADHD夫を支える妻】はっさくです。

ちょっとASDでHSPな私の心の闇を語るシリーズ

【私と愛着】第4回目。

育児を通して、幼い息子に突きつけられるものについてお話しします。

f:id:gray-zone-family:20210118235021j:plain

 

◆ 息子がゴロゴロしていると

我が家には、もうすぐ3歳になる息子がいます。

息子は週2回の幼稚園以外、私と一緒にのんびり過ごしています。

息子が私の周りでゴロゴロくつろぐ姿を見ていると、心がギュッと痛むときがあります。

幼い私は母の元で、こんなふうにくつろげていたのかなぁと。

f:id:gray-zone-family:20210119000742j:plain

仕事が忙しかった両親と、発達の凸凹を抱えた育てにくい子ども。

幼い私はとても敏感で、癇癪持ちで、母を困らせてばかりでした。

本当はもっと母に甘えたかったのに、母を前にして出てくる感情はなぜか強いものばかりでした。

もし私があの頃の母だったら・・・あの癇癪を受け止められる気がしません。

当時の母、私と同世代の若い母は、本当に一生懸命だったと思います。

でも、母の困り顔は、私にはとても怖かった。

当時の私は、母に嫌われていると思っていました。

 

◆ 息子の泣き声が辛いのは

息子の泣き声が辛いのは、私の耳が人よりも敏感なせいだと思っていました。

でも、

「子どもの泣き声で追い詰められる」

「責められたように感じて辛い」

そうママ友に吐露したときに、

「その感情は全く分からない」といわれてしまいました。

子供の金切り声はもともと得意ではありません。

でも、我が子の声は格別。

胸をえぐられるようです。

そのを聞くとひどくオロオロして、自分を保てなくなることがあります。
 

◆ 息子は、幼い頃の私だ

息子は、幼い頃の私の姿。

私は、小さな自分に向き合うのが怖い。

息子に私みたいな思いをさせてしまうのが怖いです。

完璧な親なんていないのに、

「息子の全てを何がなんでも受け止めなければ」と焦る気持ちがあります。

f:id:gray-zone-family:20210118235519j:plain

最も辛かった幼少期。

我が子と向き合いながら、気持ちを吐き出しながら、心の穴をゆっくり塞いでいきたいです。

 

※シリーズ【私と愛着】バックナンバーはこちら!

gray-zone-family.hatenablog.com

gray-zone-family.hatenablog.com

gray-zone-family.hatenablog.com

 ↓ブログ村参加中↓ポチッと応援してね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ