グレーゾーンなわたしたち

【ADHD夫を支える妻】はっさくのブログ。発達障害、HSP、メンタルトレーニング、教育に関するあれこれを発信中!

世界の中心で叫びたかった言葉〜ADHD夫を支える妻のつぶやき

世界の中心で叫びたかった。

f:id:gray-zone-family:20210114163724j:plain

「それは私じゃない」

そう大声で叫びたかった。

 

「今月の支払い、まだですか」

困り顔の生協のお兄さんに向かって、叫びたかった。

それは、私じゃない。

 

「家賃の滞納、またですか」

呆れ顔の大家さんに向かって、叫びたかった。

それは、私じゃない。

 

「カードの返済、滞納続けば解約です」

痺れを切らすカード会社の人に向かって、叫びたかった。

カードの名義は私でも、

それは、私じゃないんだ。

 

他にも・・・

「ガス代滞納、困ります」

「電気に水道、止めときます

「市税の支払い、いつですか」

「奨学金の返済、まだですか」

「保険の契約、もう切れます」

「ケータイ代、支払い意思はありますか」

「借金の返済、どうなっていますか」

・・・

 

続けば、社会的信用を失います。

続けば、財産を差し押さえます。

続けば、裁判に訴えます。

 

私の知らない世界のことを、皆が私に聞いてくる。

そして、しきりに訴えてくる。

 

なぜ?

それは私が夫の妻だから

 

私はADHD夫を支える妻

だから、何度も何度もこういってきた。

 

「すみません」

「ご迷惑をおかけします」

「次は気を付けます」

 

何度も頭を下げながら、

私の頭はハテナでいっぱいだった。

私の心は悲しみでいっぱいだった。

 

私はいつも、世界の中心でこう叫びたかった。

 

「それは、私じゃない!私のせいじゃない!

 

そして、皆に聞こえるようにこういいたかった。

 

「夫は、ADHDなんだ。

  誰か、私たちを助けて!」

 

f:id:gray-zone-family:20200803145430j:plain

今でもたまに叫びたくなる。

でも、もう投げ出さないと決めたから、

それは心の中だけで叫ぶようにしている。

そしてここで、しっかり吐き出させてもらう。

 

。゜(゜´Д`゜)゜。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

この数年で、夫はだいぶ変わりました。

でもたまに、夫との過去が思い返されて苦しくなることがあります。

夫との今が苦しいと感じることがあります。

夫との過去、そして今、全て笑い飛ばせる日が来るといいな。

 

 ※ADHDの夫と生きるということは・・・↓

gray-zone-family.hatenablog.com

 ↓ブログ村参加中↓ポチッと応援してね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ